公認会計士 監査法人からのキャリアチャート 事業会社 外資系企業

公認会計士は監査法人で監査やアドバイザリーの経験を積んだ後、ステップアップとして、どのような選択肢があるのでしょうか。事業会社やコンサルティングファームなど、幅広いフィールドで活躍することができます。ここでは監査法人の次のキャリアパスをチャート形式にまとめ、公認会計士が活躍するフィールド別の「職種」と「業務内容」について解説しています。

公認会計士 監査法人からのキャリアチャート 事業会社 外資系企業 事業会社 ベンチャー企業 公開準備 ベンチャー~上場企業 経営企画 経理 財務 グループ管理会社 税務 管理会計 上場企業 IR 内部監査・内部統制 M&A 外資系企業 英文経理 コンサルティングファーム 財務・会計コンサルタント 税務・会計コンサルタント 国際税務コンサルタント 内部統制コンサルタント 戦略系コンサルタント ビジネス系コンサルタント その他 金融 アセットマネージャー ストラクチャードファイナンス 独立・開業

事業会社 外資系企業

英文経理(外資系)

■業務内容

外資系企業における経理の特徴としては、組織風土や仕事の進め方、会計基準が異なることなどがある。
基本的な業務については一般的な経理と大きく変わらないが、勘定科目が英語表記となり本国へのレポーティング業務、トラブル時における本国とのやり取りなども出てくるため、ビジネスレベルの英語力を求められる。

■転職事例

» US-GAAP、IFRS…公認会計士の経験で企業の発展に貢献したい
» 大手監査法人から事業会社へ。学生時代からの夢をかなえる

エージェントに相談する

転職サポートに申し込む【無料】