公認会計士 監査法人からのキャリアチャート 事業会社 上場企業

公認会計士は監査法人で監査やアドバイザリーの経験を積んだ後、ステップアップとして、どのような選択肢があるのでしょうか。事業会社やコンサルティングファームなど、幅広いフィールドで活躍することができます。ここでは監査法人の次のキャリアパスをチャート形式にまとめ、公認会計士が活躍するフィールド別の「職種」と「業務内容」について解説しています。

公認会計士 監査法人からのキャリアチャート 事業会社 上場企業 事業会社 ベンチャー企業 公開準備 ベンチャー~上場企業 経営企画 経理 財務 グループ管理会社 税務 管理会計 上場企業 IR 内部監査・内部統制 M&A 外資系企業 英文経理 コンサルティングファーム 財務・会計コンサルタント 税務・会計コンサルタント 国際税務コンサルタント 内部統制コンサルタント 戦略系コンサルタント ビジネス系コンサルタント その他 金融 アセットマネージャー ストラクチャードファイナンス 独立・開業

事業会社 上場企業

IR

■業務内容

金融商品取引法基づく企業の実態の正確な開示、経営方針など長期的な展望を投資家に発信するなどの広報活動。アニュアルレポートの作成や決算短信説明資料、開示情報などの作成において会計士としての視点が重宝される。その他にも決算発表会、会社説明会の企画や運営にも携わることがある。

エージェントに相談する

内部監査・内部統制

■業務内容

企業内で独立した立場から企業全体の健全性、業務フローやマネジメントシステムの有効性などをチェックする業務。コンプライアンス、またリスクアプローチや情報セキュリティ政策に至るまで幅広く取り扱い、ワークフローを策定したり、それが正しく運用されているかどうかのモニタリングを行う。

エージェントに相談する

M&A

■業務内容

投資案件に関するデューデリジェンスやプロジェクトマネジメントを中心にPMI業務等を行う。コンサルティング会社からの求人が多いが、大手企業の経営企画室や経営戦略室からの募集案件もあり、公認会計士資格を持つ人にとっては企業内公認会計士としてキャリアを積むチャンスにもなる。

■転職事例

» 経験を活かして年収70%アップの転職に成功

エージェントに相談する

転職サポートに申し込む【無料】