公認会計士 監査法人からのキャリアチャート 事業会社 ベンチャー・上場企業

公認会計士は監査法人で監査やアドバイザリーの経験を積んだ後、ステップアップとして、どのような選択肢があるのでしょうか。事業会社やコンサルティングファームなど、幅広いフィールドで活躍することができます。ここでは監査法人の次のキャリアパスをチャート形式にまとめ、公認会計士が活躍するフィールド別の「職種」と「業務内容」について解説しています。

公認会計士 監査法人からのキャリアチャート 事業会社 ベンチャー・上場企業 事業会社 ベンチャー企業 公開準備 ベンチャー~上場企業 経営企画 経理 財務 グループ管理会社 税務 管理会計 上場企業 IR 内部監査・内部統制 M&A 外資系企業 英文経理 コンサルティングファーム 財務・会計コンサルタント 税務・会計コンサルタント 国際税務コンサルタント 内部統制コンサルタント 戦略系コンサルタント ビジネス系コンサルタント その他 金融 アセットマネージャー ストラクチャードファイナンス 独立・開業

事業会社 ベンチャー・上場企業

経営企画

■業務内容

中長期の経営戦略や経営計画の立案、予算の作成や損益分析など、会計士としての知識を存分に活かすことで、経営活動を計数によって把握し、経営層が今後の意思決定に活用する仕組みを作る。あわせて、経営と事業とを結びつける職として事業拡大に向けたアイディア出しなどの企画力、プロジェクトを率いるような自発的なクリエイティビティが求められてくる。

エージェントに相談する

経理

■業務内容

日々の資産管理から経費の処理、決算業務などを行うことで会社の活動を数字で表す業務。
特に会計士の場合、会社法における連結決算や有価証券報告書などの複雑な会計処理を任されることが多い。その他、ベンチャー企業などでは決算早期化に向けた取り組みなども任されることがある。

■転職事例

» 経験を活かして年収70%アップの転職に成功
» さらなるキャリアアップを求めて、監査法人から事業会社へ
» 年収よりも事業会社での連結決算のチームリーダーを選択
» 監査×経理経験で業界最大手の上場企業へ転職成功

■Career Matrix

» 経理・会計・財務×大企業(上場企業)
  ソフトバンク株式会社 経理部 連結決算グループ・マネージャー 村辻良敬

エージェントに相談する

財務

■業務内容

企業のキャッシュフローをモニタリングし、適切な経営情報を提供することによって企業の経営戦略の根幹を支える業務。公認会計士としては、資金調達や運用業務、銀行折衝などの業務から、M&Aに係るデューデリジェンス、事業分析といった高度な分析業務まで任されることが多い。

■Career Matrix

» 経理・会計・財務×大企業(上場企業)
  ソフトバンク株式会社 経理部 連結決算グループ・マネージャー 村辻良敬

エージェントに相談する

グループ会社管理(PMI業務)

■業務内容

ホールディングス経理としてグループ会社の経理業務から経営統合などにおける経営体制の構築などを行う。M&Aコンサルティングなどで培った経験を活かし、実際に事業会社で既存事業とM&A後の新規事業とのシナジー効果を生み出す。

エージェントに相談する

税務

■業務内容

法人税や地方税、消費税などの税額計算や税務申告業務から税務調査対応などの業務。
税効果会計やタックスプランニングなどの複雑な処理もあることから、企業側のニーズが高く、社内でも重宝される職種。

■転職事例

» 税務未経験から大手税理士法人へ転職
» さらなるキャリアアップを求めて、監査法人から事業会社へ

エージェントに相談する

管理会計

■業務内容

経営陣が自社の業績評価や経営状況の把握、あるいは事業計画の策定のための材料として必要となる情報を提供する業務。企業独自の基準や価値観などが用いられる傾向もあり、多くは経理・財務の経験を積んだ人材が配属されることが多い。

エージェントに相談する

転職サポートに申し込む【無料】