会計・経理職の転職専門エージェント > 会計、経理等で有利な資格 > 日商簿記試験の概要と合格率

日商簿記試験の概要と合格率

日商簿記検定の性格

日商簿記検定は1~3級・初級まで設定されており、初級では簿記の基本的な用語やしくみ、仕事に活かせるスキルを習得します。最上級の1級では商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算までを習得し、財務諸表規則や企業会計法規までを理解し、 経営管理や経営分析までできるスキルを問われます。このため日商簿記検定1級合格者には税理士試験の受験資格が与えられます。 すなわち日商簿記検定1級合格者は「簿記だけでなく会計のスペシャリスト」として世間に認められることになるのです。

日商簿記検定 各級の出題内容

日商簿記検定の各級の出題範囲はおよそ次のようになっています。

【1級】
公認会計士、税理士など会計分野の国家試験の登竜門となるのが1級です。 東京商工会議所によれば「大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算ならびに会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる」というのが合格の条件となっています。

なお、1級合格者には税理士の受験資格が与えられます。公認会計士と日商簿記資格には直接の結びつきはありませんが、 財務会計論、起業法、租税法など多くの関連項目があり、公認会計士を目指すならまず日商簿記1級取得に向けて勉強するのが早道となっています。

【2級】
企業の経理担当実務者として必要な能力が問われます。東京商工会議所では2級を「高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)に関する知識を有している」 と定義しており、財務諸表を読んで企業の経営状態を把握するような能力も含まれます。

【3級】
小規模経営や個人企業の経理担当実務者として必要な商業簿記に関する知識が求められます。企業の経営状況を財務諸表などからある程度理解できるスキルも求められるため、 経理担当者以外にも営業職や管理部門職に役立つとして評価する企業が増えてきています。

【初級】
簿記初学者向けの入門級として、簿記の基本原理および企業の日常業務における実践的な簿記の知識の習得に資する内容となっています。

各級の受験内容について

試験は年に3回全国統一日程で行われますが、申込みの日程や方式などは各地の商工会議所ごとに違いがあり、 受験を希望する地域の商工会議所の情報を調べておく必要があります。また1級検定は6月と11月のみの年2回に限られています。初級では、ネット試験方式となり、試験日は試験施行機関が日時を決定します。ちなみに1級では試験時間は180分(商業簿記・会計学90分 工業簿記・原価計算90分)、2級では120分(商業簿記・工業簿記)、 3級は120分(商業簿記)、初級は40分(簿記の基本用語や複式簿記の仕組み)となっており、各級とも合格基準は70点以上と定められています。

各級の合格率について

【1級】
1級検定は例年6月と11月に試験が行われ、合格率は10%前後を推移しています。かなり狭き門といえるでしょう。

【2級】
2級検定は年3回、2月・6月・11月に検定が行われますが、試験の回によって合格率が非常に上下にブレるという特徴があります。 たとえば平成29年6月の検定では47.5%だった合格率が、平成28年11月の検定ではわずか13.4%。平成27年11月には11.8%という回もありました。
過去2年間の合格率アベレージは25%前後となっています。

【3級】
3級検定は年3回、2月・6月・11月に検定が行われますが、合格率は30~50%台となっています。

【初級】平成29年創設
スタートして半年ほどの期間での合格率は55.7%となっています。

簿記検定とは >>

会計、税理、経理・財務分野の転職に強いジャスネットキャリア。プロのエージェントが転職を無料でサポート致します。
経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

無料転職サポートに申し込む


ジャスネットの強み

【閲覧無料】会計プロフェッションのヒューマンドキュメント誌「アカウンタンツマガジン」

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマークジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。