新規登録 求人検索

秘書技能検定とは

秘書技能検定試験とは、通称・秘書検定といい、 文部科学省後援のもと公益財団法人実務技能検定協会が実施する資格試験のことを指します。

年齢や学歴、性別などを問わずに誰でも受験可能な試験であり、ビジネスの場で必要な共通の知識・技能、 社会人として求められる一般常識や接遇・マナーなどを学ぶ事が出来ます。
そのため、秘書を目指す人だけではなく、社会人としてのスキルアップを目指す方や、 自らの社会的価値を高めるために秘書検定を受験する人も多くなってきました。

秘書検定試験に出題される問題は、秘書業務に関するものだけではなく、敬語の正しい使い方から、来客対応や電話対応のマナーを始め、ビジネス文書の形式や慣用表現、慶弔時のマナー、コミュニケーション能力など 社会人としての一般常識を幅広くカバーする内容となっています。
つまり、秘書検定に合格することは、事務や営業といった様々な職種においてもスキルの高さを証明できるということです。

転職、就職の際にも有利な資格の一つです。

資格概要

資格の種類 民間資格
受験資格 制限なし
試験内容

・2、3級
1次試験...必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇、技能

・準1級
1次試験(筆記)...必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇、技能
2次試験(面接)...ロールプレイング(自己紹介、上司への報告、上司への来客対応)

・1級
1次試験(筆記)...必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇、技能
2次試験(面接)...ロールプレイング(上司への報告、上司への来客対応)

※2次試験は1次試験合格者のみとなります。

試験日程

・1級・準1級
6月、11月

・2~3級
6月、11月、2月

※1次試験の日程です。2次試験は1次試験合格者のみとなります。

受験料

・1級...6,500円
・準1級...5,300円
・2級...4,100円
・3級...2,800円

問合せ先 公益財団法人 実務技能検定協会
経理職のための働き方診断 経理職のための働き方診断