新規登録 求人検索

中小企業診断士とは

中小企業診断士とは、経営基盤の弱い中小企業のパートナーとして、 財務、労務、生産、仕入れ管理などの全部門にわたって、経営診断と指導を行います。また、資格取得で得られる知識や能力が、ビジネススキルとして有効であり、最近では大学生にも注目されています。

中小企業診断士は、企業内の様々な部署で、幅広い知識を活かして活躍する企業内診断士と、フリーで、 企業から依頼を受けて経営状態を分析し、戦略を考えたりやアドバイスを行って報酬を得る独立診断士に分けられます。 どちらにせよ、業務を様々な視点から見ることができ、人や物、お金、情報など様々な問題に対応でき、 ビジネスの世界での業種を問わずに経営全般の知識とそれぞれの専門性を活かすことができる、 無限の可能性を持っている資格と言えます。

資格概要

資格の種類 国家資格
受験資格 制限なし
試験内容

・1次試験
(1)経済学・経済政策
(2)財務・会計
(3)企業経営理論
(4)運営管理(オペレーション・マネジメント)
(5)経営法務
(6)経営情報システム
(7)中小企業経営・中小企業政策

↓合格者

・2次試験
筆記試験…中小企業の診断及び助言に関する実務の事例4試験
口述試験

↓合格者

・実務補修
3年以内に15日間または8日間×2回の実務補習

受験料 ・1次試験…13,000円
・2次試験…17,200円
試験日程 ・1次試験…7月上旬
・2次試験…筆記・口述 10月下旬
問合せ先 一般社団法人 中小企業診断協会
URL:https://www.j-smeca.jp/
経理職のための働き方診断 経理職のための働き方診断