新規登録 求人検索

ビジネス実務法務検定とは

ビジネス実務法務検定とは、企業ビジネスや経済活動に関係する法律の知識、コンプライアンス能力などを問う実務的な法律知識を認定する資格です。コンプライアンスとは、自己の業務を法的にチェックし、問題点を解決出来るスキルをいいます。ビジネス法務検定では、その基礎となる実務的な法律知識を身に付けることができます。

現在、日本の企業は規制緩和や国際化のため、自己責任によるリスク管理が厳しく求められています。言語や文化の違う国や企業と良好な取引関係を保つために、法律知識の重要性が高まるのは必然だといえます。そのため企業は法的センスのある人材の育成を熱望しているのです。法律知識は、法務部門、総務・人事部門等はもちろん、営業・販売部門、流通部門、製造部門、財務・会計部門等のセクションでも、あらゆる企業活動に対して求められています。

ビジネス実務法務を人事異動や採用時の能力評価の参考にしたり、社員教育システムに取り入れる企業が増えています。 また、即戦力を求めて中途採用や派遣社員の受け入れなどの雇用の多様化を進めている中で、 法律実務知識を備えた人材のニーズはますます高まることが予想されます。

資格概要

資格の種類 公的資格
受験資格 制限なし
※1級は2級合格者のみ受験可能です。
試験内容

・1級…論述問題
1級・2級・3級の範囲に該当する法律および関連法令を出題範囲とします。

(1)共通問題(2問必須)
民法および商法・会社法を中心に、できるだけ全業種に共通して発生することが考えられる法律実務問題を出題します。

(2)選択問題4問中2問選択
特定の業種に関連する一定の法律をクローズアップして出題します。法務実務の担当者が遭遇するであろうさまざまな場面を想定して出題します。例えば、以下の事例などにより実務対応能力を試験するものとします。
①取引上のトラブルを処理
②取引関係に立たない第三者とのトラブルを処理
③法務関係の上司や弁護士などの専門家に法的トラブルの顛末・処理方法を報告
④予防法務的観点からトラブルになりそうな問題に対応

・2級…マークシート方式
①企業取引の法務
②債権の管理と回収
③企業財産の管理・活用と法務
④企業活動に関する法規制
⑤株式会社の組織と運営
⑥企業と従業員の関係
⑦紛争の解決方法
⑧国際法務(渉外法務)

・3級…マークシート方式
①ビジネス実務法務の法体系
②企業取引の法務
③債権の管理と回収
④企業財産の管理と法律
⑤企業活動に関する法規制
⑥企業と会社のしくみ
⑦企業と従業員の関係
⑧ビジネスに関連する家族法

受験料 ・1級…11,000円
・2級…6,600円
・3級…4,400円
試験日程

・1~3級

12月上旬

問合せ先 東京商工会議所検定センター
URL:http://www.kentei.org/
経理職のための働き方診断 経理職のための働き方診断