新規登録 求人検索

弁理士とは

弁理士とは、産業財産権に関する全ての手続きを業務として代理することができる国家資格です。 多くの新製品が登場する中、これらは「特許」によって保護され、模倣品の出現や横行を防いでいます。特許は、特許庁へ出願し、審査を経て登録されるものですが、大変複雑な手続であり、その代理を弁理士が行います。また、知的財産は研究開発についての助言も行います。

また、特許権等の出願や書類作成業務が大事であることは従来から変わりませんが、社会の変化・弁理士法の改正や日本弁理士会の活動により、コンサルティングや紛争処理、地域振興などの業務にも広がってきています。また、ブランドなどの資産価値評価に携わるなど、会計分野にも活躍の場は広がりつつあります。

資格概要

資格の種類 国家資格
受験資格 制限なし
試験内容

・短答式試験
特許法・実用新案法、意匠法、商標法、工業所有権に関する条約、著作権法・不競法

↓合格者

・論文式試験
必須科目…特許法、実用新案法、意匠法、商標法
選択科目…地球工学、機械工学、物理工学、情報通信工学、応用化学バイオテクノロジー、弁理士の業務に関する法律

↓合格者

・口述試験
特許法・実用新案法、意匠法、商標法

受験料 12,000円
試験日程 ・短答式試験…5月中旬~下旬
・論文式試験…必須科目:6月下旬~7月上旬、選択科目:7月下旬~8月上旬
・口述試験…10月中旬~下旬
問合せ先 特許庁
URL:https://www.jpo.go.jp/news/benrishi/index.html
経理職のための働き方診断 経理職のための働き方診断