新規登録 求人検索

税理士法人 山田&パートナーズ

世界に広がるネットワークを活かし、サービスをワンストップで提供。
多彩なプロフェッショナルが集う総合型税理士法人

「気になる」リストに保存すると、求人案件が発生した際にご案内メールをお送りいたします。

公認会計士が存分に力を発揮できる新たなフィールドで、得意領域を広げながら、顧客満足の最大化を追求する!

税理士法人 山田&パートナーズ アドバイザリー部 公認会計士・税理士 安藤 拓

税理士法人 山田&パートナーズ
アドバイザリー部
公認会計士・税理士
安藤 拓

専門性を極めつつ、業務の幅を広げたい――そんな志から総合型税理士法人へ

— これまでのキャリアについて教えてください。

私はもともと、何か一つを極めたいという思いが強く、将来は資格を取得して働こうと考えていました。そこで頭に浮かんだのが公認会計士です。身近な知人に公認会計士が何名かいたこともあって、資格取得を目指すことにしたのです。

大学進学後はダブルスクールで専門学校に通い、在学中に公認会計士試験に合格。有限責任監査法人トーマツに入社しました。クライアントは上場企業が中心で、商社や小売、自動車部品メーカーなどの会計監査に携わりました。会計士試験に挑む中で学んだ知識を基盤にしつつ、先輩の指導のもと、監査の基礎を修得しながら様々な業種を担当できたこと。この経験が現在のキャリアへと着実につながっています。

— 転職のきっかけ、経緯についてお聞かせください。

トーマツに入社して監査業務に従事したのは3年半ほどです。専門性を突き詰める――。これが公認会計士を志したときからの思いでしたが、監査を極め、監査法人の中で上を目指していくのもいいけれど、「得意領域の幅を広げたい」という思いが芽生えてきたのです。そして徐々にその思いがふくらんで、転職によるキャリアチェンジを真剣に検討し始めました。

事業会社、コンサルティング会社という選択肢もありましたが、学んできた会計の知識や経験がより生かせそうだと考え、まず税理士法人に的を絞りました。また、経理や決算業務だけではなく、様々な分野の税務を幅広く学び、実践できるようになりたいというビジョンもあり、総合型税理士法人を標榜する山田&パートナーズへの入社を決めたのです。

税務会計を深掘りしつつ、新たな価値の創出に挑んでいきたい

— 注力している業務、やりがいについて教えてください。

山田&パートナーズの柱は「相続・事業承継業務」「ホールセール業務」「国際業務」「医療対応業務」の大きく4つですが、私はアドバイザリー部に所属し、主に「ホールセール業務」を担当しています。会計士試験の中で税務に関する勉強はしましたが、やはり実務は体当たりで臨み、スキルを磨き経験を積み重ねていくしかありません。ただ、監査法人時代に様々な企業を担当していたので、その経験を生かすことができています。

もちろん、決算、税務申告にも携わりますが、M&Aにおけるデューデリジェンスなど、スポットで会計色の強い相談をいただくことも多く、ルーティン業務というものは想像以上に少ないですね。まさに転職時の「得意領域の幅を広げたい」という思いに合致していますが、当然クライアントのニーズに応えられるだけの専門性が求められます。当法人の先輩に教えを受けつつも、そこは自らどん欲に学ぶしかないと思っています。

当法人は相続・事業承継業務に強みを持っており、事業承継や相続などの業務に携わる機会も多々あります。個人のクライアントにさらなる付加価値を届けるため、専門用語をかみくだいてわかりやすく説明するなど、これまでにない取り組みも。普段のコミュニケーションの中でクライアントと密にやり取りしつつお客様のニーズを引き出せるよう努めています。会計人としての底力はもちろん、人間力も同時に鍛えることができる仕事だと実感しています。

— 今後の目標、ビジョンを教えてください。

当法人では、経営者的な思考・姿勢が一人ひとりに求められています。まだ自分で新規のクライアントを獲得するのは難易度が高いかもしれませんが、既存サービスで新たなアイデアを提案したり、クライアント自身も気づいていない課題の解決をアシストしたりして、新たな価値を提供していければと。今後も担当クライアントに向き合って税務会計の専門性を磨きつつ、近い将来、予算を持って組織マネジメントできるポジションを目指したいと思っています。

— 転職活動中、または転職を検討中の方々にアドバイスをお願いします。

公認会計士の資格を持つ人の前には様々な選択肢、チャンスが広がっています。例えば、事業会社の経理財務系部署、コンサルティング会社、税理士法人など、このあたりが転職先として真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、数字を見るだけではなく自分自身で取り組んで新しい価値をつくる、そして一つのルーティン業務に追われることなく、幅広い業務にチャレンジできる。その点に魅力を感じるのであれば、当法人のような“総合型税理士法人”を検討してみてもよいと思います。いずれにせよ、一度フラットな視点に立ち返って情報収集をしてみることをおすすめします。様々なバックボーンを持ったメンバーと切磋琢磨しながら、得意領域や、キャリアの幅を広げられる。そんなフィールドを、ぜひ見つけてください。

PROFILE

安藤 拓Taku Ando

税理士法人 山田&パートナーズ / アドバイザリー部 /公認会計士・税理士

税理士法人 山田&パートナーズ アドバイザリー部 公認会計士・税理士 安藤 拓
1993年
宮崎県生まれ
2015年11月
公認会計士試験合格
2016年2月
有限責任監査法人トーマツ入社
2016年3月
一橋大学経済学部卒業
2019年8月
公認会計士登録
2019年10月
有限責任監査法人トーマツ退社
2020年1月
税理士法人 山田&パートナーズに入社(現職)

上司の声

税理士法人 山田&パートナーズ / アドバイザリー部長 パートナー 公認会計士・税理士 / 門田 英紀

公認会計士のスキルを基盤に新たなビジネスの可能性を模索してほしい

私も公認会計士の資格を有していますが、山田&パートナーズには公認会計士が活躍できる環境が整っています。上場企業のクライアントも多いため、会計基準に沿った対応を求められることも多々あります。安藤は法人対応を多く担当していますが、税務業務にとどまらず、会計面からの付加価値をクライアントに届けてくれています。

安藤は入社から1年ほどですが非常に吸収が速く、学びの姿勢も目を見張るものがあります。ビジネス環境は激変の渦中にあり、特に税法は毎年改正され、不断のキャッチアップが求められますが、勉強を重ねるほどクライアントに新たな付加価値を提供でき、「ありがとう」という声もいただける。安藤も、そこにやりがいを感じていることでしょう。当法人には利益責任を負うプロフィットマネージャーというポジションがあります。安藤には経営マインドも持って、その立場で腕をふるってもらうことを期待しています。

創業者である山田淳一郎の薫陶を受けてきた私は、「受け身にならず、ビジネスを創り出していこう」と常日頃からメンバーに伝えてきました。ご依頼いただいた業務に丁寧に対応していくことが第一ですが、クライアントが抱えている課題に寄り添い提案を重ね、クライアントに新たな付加価値をもたらすことこそ、私たちの使命です。当法人では、手を挙げたメンバーがチームを組み、新ビジネスの創出に取り組む「ビジネス開発研修」を毎年行っています。安藤にもぜひ参画してもらい、新たなビジネスの可能性を提案してもらえればと考えています。

税理士法人 山田&パートナーズ/アドバイザリー部長 パートナー 公認会計士・税理士/門田 英紀

人事の声

税理士法人 山田&パートナーズ / ソリューション事業部長 パートナー 税理士 / 安岡 喜大

海外にも広がるフィールドで、公認会計士としての力を存分に発揮してほしい

私たちは税理士法人というプロフェッショナル集団ですが、企業の決算や税務申告のみに特化しているわけではなく、総合型税理士法人として幅広いサービスを提供しています。業務範囲を厳密に限定せず、それぞれのクライアントに最適なコンサルティングを提供していくうえでは、安藤をはじめとする会計プロフェッションは欠かせない戦力です。

2018年からグラントソントン・インターナショナルの国際ネットワークに加わったこともあり、海外拠点で活躍する公認会計士メンバーも増えてきました。国内にとどまらず、海外でも公認会計士が業務の幅を広げられる土壌があります。私自身は、36歳で入社してパートナーを務めさせていただくまでになりました。やる気と取り組み次第では、存分にポテンシャル、個性を発揮でき、評価される環境があります。新たなフィールドで公認会計士のキャリアを生かしたいと考えている方の参画をお待ちしています。

税理士法人 山田&パートナーズ/ソリューション事業部長 パートナー 税理士/安岡 喜大