新規登録 求人検索

アライドアーキテクツ株式会社

上場企業で一緒に会社を動かし、強化してくれるメンバーを歓迎

成長曲線を描き続ける気鋭集団をコーポレート部門から支えていく

アライドアーキテクツ株式会社 コーポレート本部 本部長 経営企画室 室長 大野 聡子

アライドアーキテクツ株式会社
コーポレート本部 本部長
経営企画室 室長
大野 聡子

過去の数字を追うだけではなく現場へ――湧き上がる思いで事業会社へ転身

— これまでのキャリアについて教えてください。

学生時代、将来は華やかな広告業界で仕事をしたいと考えていました。ただ、私が大学生になった頃にはバブル経済が崩壊していて、経済の先行きもかなり不透明だったのです。一生仕事をしていきたいと思っていたので、何か資格を取っておこう、と。そこで調べてみたところ、在籍していた商学部で最も身近かつ有望と思えた資格が公認会計士だったというわけです。

大学を卒業した年に公認会計士第二次試験に合格し、監査法人に入所してからは、全国に拠点を持つ製造業のクライアントを主に担当。北海道から九州まで、出張で全国を飛び回る日々が続きました。その後、結婚、出産を経て品質管理部に移り、子供が小学生になって復帰したのが金融事業部です。金融関連の監査はプロパーが担当することが通例で、途中から参画した私はレアケースでした。知識も監査ノウハウも独特で、キャッチアップが大変だったことを覚えています。

監査は企業の数字にお墨付きを与える大事な業務ですが、ある意味後づけの仕事という面もあります。出来上がった数字を追いかけるだけではなく、生きた数字を扱う仕事ができないかと徐々に考えるようになったんですね。その思いがふくらんでいって――新しい環境を求めて転職活動を始め、結果、IPOを目前に控えたベンチャー企業の監査役というポジションに就くことになりました。

— アライドアーキテクツへの入社のきっかけ、経緯について教えてください。

当社の前に入社した初めての事業会社で様々な得難い経験を積むことができ、特にIPOという会社の大きな節目に立ち会えたことは、本当に大きな経験となりました。一方で、そもそも監査役というポジションは、自ら意思決定をすることができない立場であり、また手を動かすこともできない立場です。取締役会でも言いたくても言えないことがあったり、現場のスタッフを見守るだけのモヤモヤした気持ちはいかんともしがたく……。無事にIPOも実現しましたし、任期満了を持ってここでの私の役割も果たしたと考え、退任することにしました。

次の転職活動で念頭にあったのは「自分も会社の中に入り、事業を動かす仕事をしたい」という思いです。縁あってアライドアーキテクツという会社に出合い、“中の人”になるべく経営企画室長としてジョインした、という流れです。

バックオフィスのすべてが守備範囲。メンバーを信じ、任せながら共に進む

— コーポレート本部長になってから注力されている業務、やりがいについて教えてください。

2019年に入社し、経営企画室長として業務を開始しましたが、現在はコーポレート本部長も兼務しています。経営企画室でIR、グループ管理、管理会計を統括し、コーポレート本部では経理、人事総務、法務、システムインフラをカバー。自分でもかなり守備範囲が広いと思っていますが(笑)、コーポレートがしっかりしてこそ事業部門が安心して業務に励めるわけです。数字の面から会社を支え、トップマネジメントの近くでグループ経営を俯瞰して見られるこの仕事を楽しむことができています。

バックオフィスの管理業務に携わるメンバーは私を含めて10名と、当社の規模にしては少数ですが、優秀なメンバーがそろっており、また、自律自走を歓迎する企業風土があります。手取り足取りのマネジメントで手を入れて動かしていくより、メンバーを信じ、任せていくのが私のスタイル。最後に手を差し伸べられるところで見守っていくことが、メンバーの成長につながっている。そんな実感がありますね。

— 今後の目標、ビジョンを教えてください。

会社は主として海外事業への大きな投資がようやく一段落し、さらなる成長を目指しています。経営企画、コーポレート部門としては、現状のメンバーに頼もしさを覚える一方、メンバーマネジメントが得意なミドルクラスの人材に加わっていただきたい。私がもう一段上で俯瞰してマネジメントすることで、より理想的な組織、チームになると考えています。

実務面では、管理会計と財務会計の両方を見る大変さを感じています。積極的に市場に自社の価値を説いていくIRと、保守的に考える財務経理を兼務するのは二重人格的にもなりますし(笑)、ガバナンス面でも再考が必要でしょう。そもそも今の自分のポジションに固執するつもりもありません。メンバーにも、「私の仕事、どれでもやりたいものを持っていっていいよ」と伝えています。メンバーの能力を高め、キャリアの幅を広げ、広い意味で次の世代を育てることも大切なミッションですから。

— 転職活動中、または転職を検討中の方々にアドバイスをお願いします。

事業会社に進んだ今の私が振り返ると、監査法人勤務時代の自分は視野が狭かったかな? と思うところもあります。監査業務のミッションは法令、規則の遵守ですが、ビジネスの悩みを解決するものは、やはり現場にしかないんですよね。監査をしているだけでは、その現実に気づけなかった。事業会社のビジネス運営、取締役会をはじめとする人間関係には様々なドラマがあります。できあがった数値の裏にも、メンバーの奮闘のドラマがあります。そのドラマの登場人物の一員になれたことは、素直によかったと思っています。

もちろん、監査法人から飛び出す際には不安もありました。ただ、転職がうまくいかなかったら、以前の上司に頭を下げて監査法人に戻ればいいかな――そんな気持ちで飛び込んだら、不安を軽く吹き飛ばすような面白さ、想像もつかないことが日々起こる世界に出合うことができました。もちろんベンチャーならではの前例のないことへの柔軟な対応や、マネジメントからの無茶振りとも思える要望に翻弄されることもしょっちゅうです(笑)。しかし、環境の変化に強く、好奇心が旺盛な人なら、私と同じように、現場のダイナミズムを楽しめるはず。悩んでいるなら、勇気を出して一歩を踏み出し、ぜひ“こちら側”を経験してほしいです。

PROFILE

大野 聡子Oono Satoko

アライドアーキテクツ株式会社 / コーポレート本部 本部長 /経営企画室 室長

アライドアーキテクツ株式会社 コーポレート本部 本部長 経営企画室 室長 大野 聡子
1975年
東京都生まれ
1998年3月
早稲田大学商学部卒業
1998年10月
朝日監査法人(現 有限責任あずさ監査法人)入所
2002年3月
公認会計士登録
2014年6月
ピクスタ株式会社の常勤監査役に就任
2019年3月
ピクスタ株式会社の常勤監査役を任期満了で退任
アライドアーキテクツ株式会社に入社

部下の声

アライドアーキテクツ株式会社 / コーポレート本部 経理担当 / 茂木 大成

コーポレート部門の陣頭に立ちつつ、メンバーの成長にも目配りがある

前職も事業会社で経理をしていましたが、より幅広い業務にチャレンジしたいと考えて2020年10月にジョインしました。入社してから印象に残っているのは、コーポレート部門で陣頭に立ち、あらゆる業務をリードする大野の姿です。毎日が決断の連続だと察しますが、明快な決断がまぶしく映ります。当社でのキャリアはまだ浅い私ですが、年度決算では連結決算、開示に携わることができました。大野は常々「興味がある仕事に手を挙げてくれたら、どんどん渡していきたい」と言い、メンバーを信頼し任せてくれます。

もちろん、ただ委譲するだけではありません。多忙な業務の中で質問タイムを取ってくれたり、関連資料や参考書籍を紹介してくれたり、しっかりしたフォローもあります。初めてのジャンルに挑戦でき、学びにも事欠かない。そんな環境での取り組みが大きなやりがいにつながっていると感じます。将来的にはCFO的なポジションに進み、経営を俯瞰しながら培った知識を生かしていければと考えています。経理・財務はもちろん、初めて触れるIRについてもまだ学ぶところばかりですが、大野の薫陶を受けつつ成長していければと思います。

アライドアーキテクツ株式会社/コーポレート本部 経理担当/茂木 大成

人事の声

アライドアーキテクツ株式会社 / コーポレート本部 人事担当 / 窪田 好江

ライフステージに合わせた働き方のロールモデル

私は当社に新卒入社後、事業部で2年間働いた後、産休・育休を取ってコーポレート本部の人事担当として復帰しました。育児と業務の両立には不安もありましたが、私の復帰直前に入社していた大野がワーキングマザーだと知り、安心したことを覚えています。大野をはじめマネジメント層から育児に理解があり、女性社員に限らず男性社員も制度や仕組みを利用しやすい環境があります。一人ひとりのライフステージに合わせ、パフォーマンスを発揮できる働き方を一緒に考えていける職場だと思います。

監査法人、ベンチャー企業の監査役としてキャリアを重ねてきたこともあり、大野は会計士やバックオフィス関連の幅広いネットワークを持っており、採用に関するノウハウ、情報源を惜しみなく教えてくれる存在です。今後も豊かな知見をどんどん吸収していきたいですね。

アライドアーキテクツ株式会社/コーポレート本部 人事担当/窪田 好江