トップ > セミナー・イベント > 監査実務や修了考査対策にも活かせる!公認会計士なら必ず知っておきたい税務実務の厳選エッセンス セミナー

監査実務や修了考査対策にも活かせる!
公認会計士なら必ず知っておきたい 
税務実務の厳選エッセンスセミナー

2017年7月29日(土) 13:00~14:30
 開催場所:東京都千代田区

公認会計士の皆様、こんなお悩みはございませんか?

「実は、税務がよくわかっていない」
「税務実務に関する書籍や、税理士のセミナーを受けたが、やっぱりよくわからない」
「監査クライアントから税務の質問を受けてもすぐ、顧問税理士に相談してくださいと言ってしまう」
「独立を見据えて税に関する理解を深めておきたいが、どのような勉強をすればよいか分からない」
「今年度、修了考査だが、税務実務科目が不安…」

公認会計士は、一般的に税務に弱いと言われます。
このようなお悩みをお持ちの会計士(試験合格者)の方は、少なくないのではないでしょうか?

具体的には、申告書での別表4はなんとかわかるが、別表5(1)(2)はわからない。
税金科目の監査では、別表4と別表5をクロスリファレンスしているだけ、など。

税務申告書の作成や見方にはコツがあり、残念ながらそれは、監査で税金科目を担当しただけでは、一生身につかないものばかりです。

そこで今回、税務スキルの底上げを図りたい公認会計士(公認会計士論文式合格者)向けに、下記のような税務実務のエッセンスを中心に、ご説明します。

会計士が税務実務で誤解しやすいポイント

会計士が知らない申告書の見方のコツ

ごく一部の税理士しか知らない申告書の作り方

国税調査官、監査法人、税理士法人のいずれも経験をしてきた講師だからこそ、公認会計士が税務実務の何を分かっていないかを理解しています。その上で、どうすれば税務実務について腹落ちするかという視点で、講義を展開します。ご期待ください。

講師

公認会計士
国税局での法人課税部門における税務調査官を経て大手監査法人へ転職。東証一部上場企業から上場準備企業まで会計監査に従事し、その後大手税理士法人へ転職。日系・外資系の大手企業を中心に税務アドバイザリーを行う。

セミナー詳細・お申込み

開催日時 2017年7月29日(土) 
13:00~14:30 [12:45受付開始]
対象者 公認会計士、公認会計士論文式試験合格者
定員 50名(先着順)
参加費 無料
『Accountant's magazine』をプレゼント
持ち物 筆記用具
会場 ジャスネットコミュニケーションズ セミナールーム
東京都千代田区麹町2-10-9 C&Rグループビル2F

アクセス:http://yahoo.jp/k82Gbr
[ 半蔵門線 半蔵門駅より徒歩2分 /有楽町線 麹町駅より徒歩5分 ]
応募締切 2017年7月28日(金)18:00
お申込み方法 弊社サービスを初めてご利用される方(ID・パスワードをお持ちでない方)は、【新規申込み画面】 よりお申込み下さい。
弊社サービスにご登録済の方は、【ログイン画面】 よりID・パスワードをご入力の上お申込み下さい。

お申込み頂いた後、予約受付メールが送信されます。
お問合せ窓口 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
セミナー運営事務局
担当/児玉(コダマ)
MAIL:jinzai@jusnet.co.jp
TEL:03-4550-6615
弊社サービス初めてご利用される方
新規申込み画面に進む
弊社サービスご登録済の方
ログイン画面に進む