会計・経理職の転職専門エージェント > 転職情報・求人検索 > 公認会計士 > HLB Meisei有限責任監査法人 現場で働く会計士の声
HLB Meisei有限責任監査法人

HLB Meisei有限責任監査法人【研修充実】独自の強みをもつ監査法人でのメンバー募集

この求人のポイント

  • 会計士7名在籍
  • 少数精鋭組織
  • 学習支援制度あり
  • 論文式合格者歓迎
  • 転勤なし

中小の監査法人だからこそ、できることがある。
データ監査と国際業務を強みに、お客さまと向き合う

HLB Meisei有限責任監査法人 パートナー 公認会計士 関 和輝

HLB Meisei有限責任監査法人
パートナー 公認会計士
関 和輝

経営者とダイレクトにやり取りしながら会計監査を極めていきたい

— これまでのキャリアについて教えてください。

商業高校在学時から、会計、プログラミングに興味を持ち、日商簿記2級、情報処理の資格を取得していました。大学入学後も簿記の知識を生かし、資格取得を視野に入れて公認会計士試験の勉学に励みました。法経学部経済学科に進んだこともあり、経済を中心に、法学、経営、会計など幅広く学べる環境だったことも幸いでしたね。

試験勉強を続けながら進路を模索し、やはり会計に携わる仕事に就きたいと考えるように。監査法人に行けば、財務情報の信頼性を保証するスペシャリストとして、大企業、上場企業などを対象とした監査ができます。また、監査業務であれば経営者とダイレクトに対話できる仕事ができそうだと思い、早期の合格を目指したわけです。結果、大学4年時に公認会計士試験に合格することができました。

— 入所のきっかけを教えてください。

まず、「大手監査法人か、中小の監査法人か」という選択で悩みました。大手はカリキュラムが手厚そうですが、監査のダイナミックな現場に立つまでは時間がかかりそうです。前述のとおり、私が思い描いていたのは「経営者と対話、コミュニケーションをしながら仕事をしていきたい」というものでした。それであれば、中小の監査法人のほうがフィットしそうだなと。

そこで中小にしぼり、いろいろな法人の説明会に参加して話を聞いていたところ、「監査に従事するスタッフすべてに年間100時間の研修を行っています」と明言していたのが明誠監査法人(当時)でした。これはほかでは聞くことのなかったメッセージです。メンバー個々が成長しながら、法人全体として成長していきたい――そんな志を感じ、「ここであれば、よい会計士人生が送れるのではないか」と直感。そうやって入所を決意したのです。

中小規模だからダイレクトに、かつ長い視点でクライアントに寄り添える

— 入所後の業務について教えてください。

振り返ると、入社1年目から先輩に付きつつ、実に多様な監査業務を任せてもらったことがとてもよい経験になっています。当法人のクライアントは中堅規模の企業が多く、経営全体を俯瞰して見られる傾向にあります。早くから“会社全体を見る力”を養うことができたことも狙いどおりでした。

3年目から、インチャージに携わることができました。監査を計画にそって進めながら、クライアントとのミーティングに参加し、時には事業内容の相談を受けることもあります。入所前に描いていたイメージどおり、クライアントと深くコミュニケーションを取りながら仕事を進めていけました。「監査って楽しいものだな」という実感を持つことができました。

データ監査ツールの「ActiveData」を活用してきめ細かいデータ分析を遂行し、監査業務のレベルアップに努め、また、当法人が加盟しているHLB Internationalのメンバーファームと英語でやり取りしながら国際業務に携わることもあります。当法人ならではのストロングポイントを生かした業務にも注力しています。

— 今のお仕事でやりがいを感じること、入社してよかったことなどを教えてください。

入所5年目でパートナーに抜擢していただき、監査実務への向き合い方が変わりました。現在は、4人編成のチームを統括し、証券業、小売業、製造業、不動産業など、幅広い業種を担当。調書にサインする立場となり、有価証券報告書に名前が記載されるわけです。これまで以上に責任を持ち、業務に当たらなければと気が引き締まったことを覚えています。

監査を進めるなか、会計処理のディテールだけではなく、より高次の相談を受ける機会も増えてきました。例えば、「経営の方向性をこのように考えているが、会計的な課題を聞きたい」といったアプローチです。自分の経験と知識をフルに動員したアドバイスが、経営判断をする際の役に立っている。こんなやり取りも私にとって大きなやりがいとなっています。

クライアントと長くお付き合いし、ともに歴史を重ねていけることもまた、中小監査法人のメリットです。経営はゴーイングコンサーンが前提ですから、時には業績が良くない時期もありますし、時代変化のなかで改善しなければいけないポイントも見つかるでしょう。そんなサイクルに中長期的に携わり、企業活動をロングスパンで見られることも、仕事の面白みとなっています。

— 今後の目標を教えてください。

これまで以上に専門知識を洗練させつつ、日々アップデートされる基準、法制をチェックし、現場での実務をとおして監査技術を鍛錬していく必要があると思っています。私のチームの担当クライアントは、中規模の企業が多く、組織再編などアクティブな企業活動も活発で、実務以外の法制についての知識を持っていなければ継続的な監査はできません。“日々勉強”だと痛感する毎日です。今後も自己を練磨して、クライアントに資する、引いては社会に資する監査を行っていきたいですね。

一方、パートナーとして、高品質の監査を法人全体で担保する提案、行動も大切にしなければなりません。率先垂範でチームワークを高めながら、スタッフにその意識づけを促し、法人としての発展に貢献できる人材になっていきたいと考えています。

— 転職活動中、または転職を検討中の方々にアドバイスをお願いします。

スタッフには有資格者はもちろん、資格取得を目指している人もいて、前職も監査法人、事業会社と様々なバックグラウンドを持つ仲間が集っています。監査経験がない方でも安心して業務に当たれるよう、研修体制とバックアップの仕組みは万全です。M&Aやコンサルティング業務、デューデリジェンス、そしてデータアナリティクスなど、明誠グループとしてカバーする領域も多岐に渡ります。多様な業務に興味を持ってチャレンジしたい方にとって、最高のステージだと自負しています。

会計監査は社会の基盤として、あらゆる業界・企業を支えている仕事です。監査業務そのものへのフォーカスも大事ですが、担当するクライアントの事業内容はもちろん、どんな方々が仕事をどう進めているのかといった部分に関心を持つべきだと私は考えます。そんな好奇心を育てていくことも、監査人としての“幅”を広げてくれる重要なポイントなのではないでしょうか。

HLB Meisei有限責任監査法人 パートナー 公認会計士 関 和輝

PROFILE

HLB Meisei有限責任監査法人
パートナー
公認会計士

関 和輝Kazuki Seki

1986年11月
千葉県生まれ
2008年11月
公認会計士試験合格
2009年3月
千葉大学法経学部経済学科卒業
2009年4月
明誠監査法人(現 HLB Meisei有限責任監査法人)
入所
2012年10月
公認会計士登録
2014年7月
パートナー就任

上司の視点

HLB Meisei有限責任監査法人 統括シニアパートナー 公認会計士 武田 剛

先進的な取り組みにも意欲的で、法人の未来を担う中心として期待

20代で関をパートナーに登用しましたが、これは長期的なビジョンで当法人の世代交代を狙った抜擢です。業務へ真摯に当たる姿勢、勉強熱心でメンバー、クライアントとも柔軟なコミュニケーションが取れる人材であることが、入所早々に見て取れました。

彼は、当法人が手がける国際業務にも意欲的です。外国企業の日本子会社の監査手続きを行い、親会社の監査人に報告するというリファードワーク、海外のIPOなどチャレンジングな案件もバイタリティを持って取り組んでくれています。また、データ監査ツールの「ActiveData」もいち早くマスターし、データ分析を現場で先進的に実践してくれました。監査業界にもデジタル・イノベーションの波が訪れていますが、さらに新しい監査のかたちにも積極的に取り組んでいってくれるでしょう。

監査の現場では、時にはクライアントの主張をやすやすとは受け入れず、真っ向から対峙しなければならない局面もある。そこで監査人に求められるのは揺るぎのない自信と信念です。データ監査や最新の監査手法など、武器はたくさんありますが、“場数”でしか身につかないものもあります。今後も現場で実直に経験を積み、当法人の未来を開拓していってほしいと願っています。

HLB Meisei有限責任監査法人 統括シニアパートナー 公認会計士 武田 剛

人事の視点

HLB Meisei有限責任監査法人 経営管理部 久能 麻由美

監査現場の中核として、基盤づくりにも携わる活躍に期待

まだ関は33歳ですが、パートナーという立場であるにもかかわらず、フットワークが軽く、何でもすぐに取り組んでくれることから、経営層の信頼は厚いですね。当法人も一時期、メンバーの入れ替わりが続いた時期がありましたが、上手にスタッフマネジメントを行いながらチームを取りまとめ、現場を牽引してくれました。私たちバックオフィスのスタッフから見ても頼もしい存在です。

もちろん、監査の現場でもさらなる活躍が期待されるところですが、私たちは人材育成をとても大切にしてきた監査法人です。今後はパートナーの側面から経営と人材採用・育成にもさらに積極的にかかわり、明誠グループとしての盤石な体制づくり、さらなる基盤強化などにも貢献していってほしいですね。

HLB Meisei有限責任監査法人 経営管理部 久能 麻由美

この求人に 問合せるには、ご登録 [無料] が必要です
弊社サービスにご登録済の方は、ログインしてからご利用ください。

新規登録  [弊社サービスを初めてご利用される方]

ログイン  [弊社サービスにご登録済の方]

≫ パスワードをお忘れの方

≫ ご登録されているメールアドレスをお忘れの方

この求人に問合せるには、ご登録 [無料] が必要です。(弊社サービスにご登録済の方は、ログインしてからご利用ください。)

  • 新規登録
  • 登録済の方
このエントリーをはてなブックマークに追加

この求人の担当エージェントが
更に詳しい内容をお伝えします

会計・経理職の転職専門エージェント > 転職情報・求人検索 > 公認会計士 > HLB Meisei有限責任監査法人 現場で働く会計士の声
JUSNET Communications

公認会計士が1996年に創業したジャスネット。
ジャスネットキャリアは会計、税務、経理・財務分野に特化した転職支援サイトです。

  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
  • ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。