30代
profile 33歳、男性。大学を卒業後から教育関連企業の経理部に勤務。経験1社。 
Q
現在は、ドメスティックな企業の経理部で働く33歳の男性です。

外資系企業ではなく、日系企業の海外拠点の経理で働きたいと考えています。
大企業の場合、個人の要望が通りにくいという話を耳にします。

自分の希望を達成する場合、どういった規模、どういった業種の企業を選ぶのが
正解なのでしょうか。
 
A
企業規模や業種によらず、長らく海外展開を進めている企業は、採用基準に語学力を求めることも多いです。このため既存社員の中にも海外志向を持つ方や、語学レベルが上級の方も多くいらっしゃる場合が多く、海外赴任を希望する方の競争も激しいといえます。

一方、ここ数年で海外展開を加速しているような日系企業においては、語学を苦手とする社員が多い傾向にあります。

このような場合は中途採用によって、海外拠点を任せられるような人材を確保するための求人が発生しやすく、比較的海外への異動の要望が通りやすい状況にあると思います。

あまり企業規模や業種に捉われず、近年海外展開に注力しているような企業に着目するとよいのではないでしょうか。
 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む