新規登録 求人検索

荻野 望Ogino Nozomu 紹介事業部 エージェント

  • 【転職がもっと自由な世の中を】
    大学卒業後、都市銀行にて法人営業に従事。その後、将来的な独立を希望して会計士を志すも上手くいかず、東証1部上場の会計系ソフトウェア会社に転職。個別・連結会計システムの営業に従事。
    現職は、自身の経験から、もっと転職が自由にできる世の中を作りたいという思いがあり、会計・経理分野に特化した人材系事業開発会社である弊社に入社。

SCROLL
紹介事業部 エージェント 荻野 望のイメージ1

メガバンクへの就職、そして会計士試験への挑戦

大学時代は、実家のある京都で過ごしていました。大学も3年の秋になるとそろそろ就職活動を始める時期になり、周りの友人たちも浮足立ってきます。所属していた広告研究会の活動で企業との接点は持っていたこともあり、自分が働くことについては他の同級生よりも、イメージができている方だったように思います。

企業を構成する経営資源として、「ヒト・モノ・カネ」があるとよくいわれますが、その何かしらの業種で、経営に関われる仕事をしたいと漠然とですが考えていました。具体的には、銀行、人材系企業、戦略系コンサルなどの企業です。

決まった就職先はメガバンク。銀行には元々よいイメージがありました。父が働いていた会社の経営がうまくいかず、民事再生となったときに助けてくれたのが銀行だったからです。この印象が深く、「自分もそのような仕事をしたい」と思ったのが就職先を選ぶ決め手になりました。

これがわたし自身の根底にある「困っている人を助けたい」という想いの原型になり、その後の仕事人生の一つの指針になったのかもしれません。

就職して最初の配属先は、千葉支店の中小企業に融資をする部門です。銀行のビジネスはやはり返してもらってナンボの世界。つまり確実に返してもらえるところにしか、お金は貸せない。本当に困っている企業には、貸せないという辛い現実に直面しました。

このままではわたしが抱いていた「困っている人を助けたい」という想いからは、だんだんとズレてきてしまう…。急速に仕事への熱が冷めたのと職場の固すぎる雰囲気とも合わなかったこともあり、銀行は3年で辞めて京都に戻る決断をしました。挫折とまでは言わないまでも、わたしが初めてぶち当たった壁かもしれません。

ここで考えたのが「もっと直接的に、会社の経営に関われること」。一念発起して目指したのは公認会計士の資格です。

大学時代からいだいていた夢としてあったのは「手に職をつけ、将来的に独立する」こと。その当時はビジネスモデルが思いつかなかったこともあり、会計士だったら手に職をつけつつ独立も達成できるのではと考えました。

また、ずっと自分のなかの信念として掲げてきた「困っている人を助ける」ことも同時に達成できるのではないかと思ったのです。

紹介事業部 エージェント 荻野 望のイメージ2

「困っている人を助ける」ということ

そうはいっても、試験の突破は生やさしいものではありませんでした。

4年間資格予備校に通いつつ勉強に専念したもののよい結果は得られず、きっぱりと断念することに。この期間で受からなければ辞めることは最初から決めていました。これ以上ダラダラ続けることは、自分の人生にとってはリスクだと考えたからです。

その後は1社を経て、会計システム販売会社の営業職に就きました。営業としての仕事は順調でしたが、ここで気づいたのは、自分が導入に携わっている会計システムを毎日の業務で使って働く経理部の方々の存在です。

「このシステムの〇〇が使いにくい」といった不満もあるでしょうし、「経理のいまの業務ではなく、もっとこういった業務がやってみたい」「そもそもここではなく、もっと自分の好きな業界で経理の経験を積みたい」と考えている人もいるかもしれません。

気持ちとして膨らんできたのは、もっとこのような生身の人と向き合う仕事がしたいということ。「困っている人を助けたい」という信念を満たすには、ものを売る営業の仕事以外の方法もある。ようやくこのタイミングで「自分は人材の仕事をしたい」ことを実感として掴んだのかもしれません。

めぐりめぐって新卒のころ就職先の候補にあげていた人材の道にチャレンジすることになったのですが、大学を卒業してからすでに10年の月日が流れていました。

紹介事業部 エージェント 荻野 望のイメージ3

登録者に寄り添うための一番の武器は、つちかってきた会計知識

自分には銀行で働いていた経験、会計士試験に挑戦した経験、そして会計システムの販売会社で営業として働いた経験があるので、経理に特化した人材会社を選んだのは自然の流れでした。

日商簿記1級も持っていますし、会計知識と長らく会計分野で汗をかいて働いてきた経験は、わたしの大きな強みであり、武器と言い切れるほどに磨いてきたと思っています。

ただ転職の場面では、わたしも過去に苦労したことがあります。それは情報の格差です。「企業に付随する情報と企業が望んでいる人物像」と「転職者に見えている企業情報」の格差。これはイコールにはならないにしても、双方が納得感を得られるものであればいいのにと思いました。納得がいっていない転職をしたところで転職者も企業も損をしてしまうことになります。こんなに非生産的で不幸なことはありません。

企業が欲しい人と、登録者の志向性や行きたい企業を合致させる。自分としては、とにかくここに一番注力しています。

詳しい話はここでは割愛しましたが、会計システム販売会社の前に、もう1社経験しています。会計業界ではない企業の経営に近い部署での仕事でした。

経理を希望しての初めての転職ということもあり、大手の転職エージェントを使いました。この時点では経理経験はなかったので、やりたかった経理職にトライする機会すら得られませんでした。いま自分がエージェント立場で思うことは、全然挑戦できたかなということです。わたし自身もしかしたら、現在、経理の仕事をしている可能性もあったわけです。

個人的にはここでエージェントの仕事は、人ひとりの人生を変えるほどのインパクトがあると実感したきっかけでした。

これも、自分の進みたい方向性と企業が求めている人物像の不一致、つまり情報の格差があったと過去を振り返って自己分析しています。

転職を希望する登録者には、自分と同じ轍を踏んで欲しくありません。

わたし自身のこの苦い転職失敗も自分の貴重な経験として、登録者の方々の参考になるという意味では、いまに活きていると感じています。

いまお話ししたように情報の格差を無くしたいという方針を元に面談には臨んでいますが、登録者の方々から信頼をしてもらうには、まだまだ足りないところがあると思っています。単に「転職者の情報」と「企業情報のマッチング」になってしまっては、AIでもできる仕事でしょう。自分の介在価値をどこで発揮できるのか。それには自分の担当する業界の知識のインプットが不可欠ですし、時代の波に目配せをしつつ、転職者の適性がどこにあるかを見極められなくてはなりません。それにはクライアントからの情報収集や自身の総合力の底上げをする努力は怠れません。

会計士になるという夢は達成できなかったものの、それを目指して努力した道が、もう一方の「困っている人を助けたい」という夢を実現するための道につながりました。今後もこの信念は曲げずにやっていきたいと思っています。

紹介事業部 エージェント 荻野 望のイメージ5
エージェント紹介一覧
INDEX