会計士、税理士の結婚|ジャスネット

会計士、税理士の結婚について「特集記事:女性100人の結婚にまつわるホンネ」

【会計士・税理士男性必見!】結婚についてのアンケート結果から判明した、最近の結婚市場と"モテる男性"とは?

「婚活ってちょっと恥ずかしい……」。そう考えている公認会計士・税理士の独身男性は、少なくないのでは?
今回お話を聞いたのは、成婚率50%を誇る「IBJメンバーズ」のオフィシャルアドバイザー・北野貴子さん。
女性会員100名を対象に行ったアンケート結果をもとに、
婚活の成功確率を高めるためのアドバイスをいただきました。

北野 貴子さん

北野 貴子 Takako Kitano

キャビンアテンダントを経て、建築会社で社長秘書従事。2008年、IBJメンバーズの立ち上げよりIBJに事業参画し、成婚カップルの創出とサービス向上に大きく貢献し続けるIBJメンバーズのオフィシャルアドバイザー。
メディアにも多数出演中。

会計士・税理士男性のカップリング率は圧倒的に高い

Q1 結婚相手として魅力を感じる職業は?

グラフ
1位 会計士・税理士
26%
2位 公務員
24%
3位 弁護士
16%
4位 自衛隊
6%
その他
28%

Q2 会計士、税理士に対するイメージは?

グラフ
1位 良い
71%
2位 あまり良くない
29%

− Q1についてですが、女性たちはなぜ、会計士や税理士に、結婚相手としての魅力を感じるのでしょうか?

北野

アベノミクスの前あたりから、「安定した」「堅い」イメージをもつ職業の人気が高まり始め、それが今も続いています。その影響で、士業や公務員として働く男性がモテているのです。ちなみに、それらの職業が冠についた婚活パーティーには、とてもたくさんの女性が集まります。ということは、それだけ男性側の選択肢が増えるということです。
実は、会計士や税理士の方のなかには、「自分はモテない」と思い込んでいる方が多いのです。
その思い込みによって女性との出会いが少なかったという方にも、婚活によって、プチモテ期が到来することがありますよ!

− ほかの職業の男性と比べ、出会いから結婚までのスピードも早いのですか?

北野

結婚までのスピードは人によりますが、カップリングの確率でいうと、圧倒的に高いですね。
たとえば、「年収800万の会計士・税理士」と「年収2000万の会社経営者」なら、女性から選ばれやすいのは断然、前者。独立して稼ぐことができる職業ですし、年収の高さよりも「堅い職業」が選ばれる時代なんです。
一方で、「まじめすぎるのでは?」と遠慮する女性もいますが、それは個人の好みにもよりますし、Q2をご覧のとおり、少数派です。
「お金の管理ができ、しっかりした会計士、税理士の男性」の人気はどんどん高まっています。

「価値観」や「相性」はなんとかなる

Q3 結婚相手に求める条件は?

グラフ
1位 価値観
28%
2位 相性
28%
3位 収入
23%
4位 性格
13%
5位 職業
5%
6位 学歴
3%
7位 年齢
0%

Q4 結婚相手に求める年収は?

グラフ
1位 600万円~800万円
45%
2位 400万円~600万円
35%
3位 800万円以上
17%
4位 300万円以下
3%
 

− Q3の結婚相手に求める条件について、何か感じることはありますか?

北野

回答の多かった「価値観」や「相性」ですが、これらはある程度"装う"ことが可能です。
「価値観が合う」「相性がいい」と相手に思わせる一番の方法は、相手に共感する姿勢を見せること。
たとえば、デートのとき、飲食店で相手と同じ飲み物を注文したり、相手の話に大きく頷いたりなど、小さな共感が居心地のよさをつくり出します。
ちなみに、「出会いの段階」で相手に求めるものですが、男性は「年齢」と「顔」、女性は年収や職業、学歴などの「条件」を重視します。また、女性は会う回数が多くなればなるほど相手を好きになっていき、かつ一度好きになると懐が深くなります。その点で、最初の「条件」が揃っている会計士や税理士の男性は、とても有利といえますね。気になる女性と出会って、デートのチャンスをつかんだら、あとは何度も会う努力を重ねることです。"私のことをあきらめない人だ"と思わせる、少ししつこいくらいの姿勢も大切だと思います。

− やはり年収は高いほうがいいのでしょうか。

北野

そうですね。ただ最近の傾向として、Q4の回答のとおり、非現実的な年収を求める女性は少なくなってきています。
「年収1000万円以上じゃないとダメ」ではなく、「これくらいあるといいな」と思う金額プラス100万円くらいの年収を理想としているようです。それが、最も回答の多かった「600万円~800万円」というラインなのだと思います。また、結婚後も働く意志のある女性が多いのも、最近の傾向です。

あなたの職業 = 女性の安心

Q5 今まで会計士・税理士の方と
       交友関係はありましたか?

グラフ
1位 いいえ
63%
2位 はい
37%

Q6 どのように出会いましたか?

グラフ
1位 合コン
39%
2位 仕事
17%
3位 婚活パーティー
9%
4位 友人の紹介
9%
その他
26%

※《Q5》の項目に対して 「はい」の方のみご回答

Q7 日程と年齢が合えば会計士、税理士
       限定のパーティーに参加してみたい。

グラフ
1位 はい
81%
2位 いいえ
19%
女性の81%が 公認会計士・税理士限定の 「パーティーに参加したい」と回答。

− Q5の回答を見ると、会計士や税理士との交友関係がある女性が意外といるんですね。

北野

会社の仕事の関係などで、知人程度の関係がある女性はけっこういるのでしょう。
Q6の「出会い方」についての回答は、すべてが事実ではないかもしれません。やはり、実態は合コンや婚活パーティーでの出会いが多いと思います。
IBJでは「婚活サイト」や「街コン」のような気軽に参加できるものから、プチお見合いもできる「パーティー」、忙しい方におすすめの「IBJメンバーズ」まで、様々なかたちのサービスを用意しています。
いずれにしても、会計士や税理士の男性は人気ですから、ぜひ参加してほしいと思います。

− 確かに、Q7で「日程や年齢が合えば会計士、税理士限定のパーティーに参加したい」と答えた女性は 多いですね。

北野

年齢でいうと、女性は45歳を過ぎた男性に対して、圧倒的に実年齢より見た目を重視します。
そういった年齢の男性には、自分磨きをすることをおすすめしますね。たとえば、1000円カットをやめて美容院に行くとか、服を買うときに自分で選ぶのではなく、第三者視点で店員さんにコーディネイトをお願いするとか、小さなことでいいのです。繰り返しになりますが、会計士や税理士の男性は「条件」をクリアしているのですから、おしゃれに気を使えば最強の"モテ男"になるのではないでしょうか。

− 最後に、会計士、税理士の男性たちに向けてメッセージお願いします。

北野

ご自分の持つ会計士、税理士といった「条件」に自信を持って、ぜひ積極的に出会いの場に出向いてください。その「条件」は、ご自身が思っている以上に、女性に安心と信頼を与える、とても素晴らしい武器なのです。
婚活は出会いの機会を広げるだけでなく、ご自分の本当の価値を知るチャンスにもなります。
きっと多くの女性が、あなたの参加を待っていますよ!

会計士・税理士向け婚活イベント開催|割引申し込み方法

↑ PAGE TOP